工藤庸子, 放送大学教授,
eternel imparfait

デザインについて

2009年 8月 11日

「ちゃらっぽこ」という言葉、フランス語でなんというか、ご存じですか? 答えはcalembredaineなのですけれど。そもそも日本語として、使ったことあります? ちなみに意味は「でたらめ」。それにしても、リズムまで似ていません?

山田ジャク先生(悔しいけれど、漢字のフォントがない)の訳されたフローベール『感情教育』が河出文庫に入ることになり、「あとがき」のエッセイを書くために、久しぶりに、あの威勢のよい日本語で作品を通読したのです。中途半端な遊び人になりかけた主人公の青年が、粋筋の女のお供をして競馬にゆくところ:

「ブラヴォー! あたしたちつうかあね」
「いまにもっとつうといえばかあとなるさ、ね?」
「ほんと、そうかも」

ジャク先生はse comprendre(たがいに理解し合う)を「つうかあ」と訳しておられます。後半の台詞「つうといえばかあとなる」は、同じ動詞の単純未来形。造形された日本語、デザイン性のある翻訳、という形容を思いつきました。

というわけで、フローベールの代表作をおもちでない方は(他の版をおもちの方もぜひ)、ジャク先生の文庫版を揃えてください。7月に出た『ボヴァリー夫人』の「あとがき」は蓮實先生(これがわたしにはプレッシャー)。『感情教育』は9月初めの刊行です。

じつは『デザインの日常英語』という白い可愛い書物のおかげで、このところ「デザイン」という言葉が、頭にちらついているのです。ページ左上に英語の単語を掲げ、「定義」「語源・由来」「効果」「ことばの手がかり」などと題した小さなコラムが散らしてあって、ところどころにお洒落なイラストが入っています。たとえば:

Elegance
デザインのヒント : eleganceは、economyを感じさせる。この言葉は、運動選手たちの無駄のない動きや、余計なものをそぎ取った旋律などをいうのに使われる。科学の分野では、複雑な工夫なしに矛盾を解く方法を、エレガントな解決法と呼ぶ。

なるほど。しちめんどうな論文だって「エレガント」に書こうという心意気が大切です。

Figure/Ground
効果 : 「像/背景」の特別な関係をよく理解して利用すれば、作品はもっと面白いものになる。像と背景の面積がほぼ同じだと、目は混乱し、どちらが背景でどちらが像かわからなくなる。この一例がだまし絵で……。

同じ見開きページのコラムに:

ことばの手がかり : 「私たちは、無視することによって――言いかえれば、ある関係のひとつのあり方(=像)に注目して、他(=背景)を無視することによって――考える」アラン・ワッツ…イギリスの哲学者

なんとなく、参考になったような気がしませんか? 最後に肝心の言葉:

Design
拡がり : 動詞としてこの言葉がもつ意味は、人間の活動である。自然界には、デザインと呼びたくなるような形やパターンがよくあるけれども、自然をデザイナーだと考える人はいない。デザインの根本には意図がある。

文章を書いているうちに、頭がマングローブの根っこみたいに、こんぐらかってくることがあるでしょう? そんなとき、パッと白い本を開くと、「断絶と分裂は、現代文化の深層構造の一部をなしている」なんてコラムが目に入り、スパッともつれが切れる(ような気がする)。これはFragmentの項。帯には「デザイナー必携」とか書いてありますが、こんな清涼剤みたいなブックレットを、プロに独占させておくのは惜しい。

『デザインの日常英語』 『ボヴァリー夫人』 『今日の宗教の諸相』

ひとつの単語や表現がFigureとなって背景からくっきり浮き立って見えるテクストはあるものです。チャールズ・テイラー『今日の宗教の諸相』より:

脱魔術化が進むに従って、とりわけプロテスタントの社会では、宇宙と政治形態の両方について別のモデルが形づくられた。そこでは「デザイン」という概念が決定的に重要であった。

というのですが、引用をもう少しつづければ:

宇宙のなかの神の現前は、政治形態のなかの神の現前という考えと結びついている。政治形態についても前者と似たような変化が生じる。神聖なものはもはや、聖と俗の水準双方にまたがって君臨する王のなかには存在しなくなり、神が現前できるようになるのは、わたしたちが完全に神のデザインに従った社会を建築するかぎりで、ということになる。

要するに「神は、わたしたちのデザイナーとして存在するのである」というわけ。新大陸には、聖なるものを体現する制度、教皇庁や聖職者や君主などは存在しなかった。更地に建国されたアメリカという神話のなかで、キリスト教の神の「居場所」はどこなのか――今まで、この難問に答えてくれる文章には、ついぞ巡り会ったことがありません。チャールズ・テイラーの解答は、なんとも「エレガント」ではありませんか。

さて、チャールズ・テイラーのあと、自分を話題にするのは、なんともおこがましいのですけれど、不況の時代、業界的な広報活動を惜しんではならないと覚悟を決めております。

「朝日カルチャーセンター」からお誘いをいただいたので、数年ぶりにフランス語のテクスト分析をやってみようと思います。題してフランス語で読む恋愛小説 — カルメンの謎、初級文法を終えたぐらいのレヴェルの語学講座です。「デザイン性」のある授業ができますかどうか(受付開始は8月19日だとのこと)。


Vélib'

K.NAKATA

▲ ページの先頭へ戻る