工藤庸子, 放送大学教授,
eternel imparfait

政教分離あれこれ+シャンソンの教材

2009年 11月 26日

「閲覧室」の『フランスの政教分離』につづく企画として、ルネ・レモンの『ライシテの創造 ― 一七八九年から未来に向けて』René Rémond, L’Invention de la laïcité française, De 1789 à demain を翻訳し、長い訳者解説(のようなもの)を書いて、さらに伊達聖伸さんに用語解説(のようなもの)を作ってもらい、3点セットで書物にしようと考えています。伊達さんは、ジャン・ボベロのもとで博士号を取得した新進気鋭の研究者。原稿用紙換算で、原著240枚、訳者解説140枚、用語解説がすでに100枚以上という配分ですから、また、好きなことやってますね、といわれそう。

男と女の話が片鱗も出てこない本を出すのは、なにしろ生まれて初めてなのです。ルネ・レモンは、1905年の「政教分離法」によって排除されたカトリック教会の立場から考える。しかも分析の視点は、政治史+法解釈です。苦労をしましたが(きっと穴だらけでしょうけれど)、たしかに「ライシテ」とは「法制度」の問題であるはずで、新しい世界を垣間見ましたね。法学部を卒業して、大学院で仏文を専攻した長年の友人に、思わずこんな質問をしてしまいました──あなた、どうして法学部やめちゃったの? 面白いじゃないの…。

苦労はほかにもありました。出版社探し。三度目の正直でお引き受けくださった出版社の社長に、あ、表紙に「フランス」と入れたら売れませんよ、といわれて、そうか、これは貴重なご意見をいただいた、と肝に銘じた次第です。

「フランス」では売れない──そう、皆さん、これは肝に銘じておきましょう! だったら「フランスだけ」ではないという話にすればいいのでしょう? というわけで、訳者解説のようなものは「政教分離あれこれ」という精神で、ひたすら調べ、考えながら書きました(もちろん穴だらけ)。構成は以下の通り。
  1.フランス共和国は「特殊」なのか
  2.アメリカ式政教分離と神の「居場所」
  3.ケベックという参照点
  4.ライシテとムスリム

まだ入稿もしてない本の宣伝をするなど、はしたないようではありますが、伊達さんから送られてきた力作を読みながら、コラボレーションのアイデアを練っているところなので、頭は「ライシテ」にどっぷりです。その一方で、これ以上HPの更新を遅らせることができない理由があるので、本日はこれまで。

その理由とは、12月5日(土)と6日(日)の面接授業「シャンソンで学ぶフランス語」の教材を1週間前にアップすると予告してあるからなのですが、ここで気分転換にパリ国際大学都市の眼に沁みるような紅葉を…。


パリ国際大学都市'

K.NAKATA

さて、教材です。シャンソンを選ぶのは、担当講師の笠間直穂子さん。今年のテーマは? わたしも彼女の選曲を楽しみにしています。曲の解説は二人で、ヴァセルマンさんがフランス語でテクスト分析、それから発音練習、という贅沢なメニューです。世田谷学習センターで、毎年、クリスマス番組の気分でやっております。

「シャンソンで学ぶフランス語3」教材(PDF)

▲ ページの先頭へ戻る