工藤庸子, 放送大学教授,
eternel imparfait

SKさんと歩くこと

2010年 5月 17日

まずは、これまでの経緯から。5月1日の公開ゼミ「フランス語教室」は、とりあえず順調なスタートを切りました。当日の出席者のなかから、ウィークデイのグループ・レッスンに参加できる人を募り、これを5月11日(火)に設定。少人数で、各自、好きなテクストを準備してもちより、発表形式で「訳読」の練習をします。先回は、ル・クレジオ(『地上の見知らぬ少年』)、プルースト(2名がそれぞれに、冒頭とマルタンヴィルの鐘楼)、ジョルジュ・サンドのフローベール宛て書簡、そしてアルビジョワ十字軍。持ち時間は、ひとり20分程度ですから、それこそ1段落で終わってしまいますけれど、考えてみれば、わたしの古巣である研究者養成大学でいちばん実力のつく授業というのは、ほかならぬ「訳読」でした。

異なる言語構造を往還するからこそ、他者の思考の精髄に迫ることができる。いえ、それほど高級な目標を掲げなくとも、自分で考えたことを人前で語ることは励みになるはず。次回は、5月25日(火)の13h30から。参加してみようかと思う方は、手ぶらでも、何か準備しても、どちらでも構いません。ちなみに、このグループ・レッスンは、10名以下で運営したいと考えています。

さて、本日の話題───管啓次郎さんという生身の人間よりむしろ、抽象的なSKという人物が、詩やエッセイを発表し、WALKINGのイヴェントを開催しながら、いったい何をわたしたちに手わたそうとしているか。それを考えてみようというわけです。とりあえず「歩くこと」「読むこと」「考えること」そして「語ること」を、ひとつらなりの身体的な営みとして想像してみましょう。歩行のようにゆったりとした、リズミカルな音声言語の息づかいを、学びの場でも回復することができないか。そこから「考えること」への道筋をつけることはできないか。そんな発想が「朗読」の構想とうまくつながることを願っています。

ちなみに、わたしの「歩くこと」は、メタファーですけれど、SKさんは、本当に歩く人、本当に旅立ってしまう人なのです。その活動については、以下のサイトをご覧ください。
http://www.meiji.ac.jp/koho/hus/html/dtl_0005251.html

旅人としてのSKを、ジュール・ヴェルヌの描いた旅行者たちと比較してみることもできるでしょう。『気球に乗って五週間』は、どこまでも高く、高く……、『八十日間世界一周』では、一瞬でも速く、速く……。征服という欲望につきうごかされたヨーロッパ近代に、SKを対置してみれば、おのずと理解されるはず───WALKINGとは、失われてしまった地球と身体との親密な関係を、今、ここで回復しようという人間的な誘いであることが。

よりにもよって「白い砂粒」のようなフィジー島から始まる旅は、インド系住民との出会いから、マリーズ・コンデの『マングローブ渡り』という線につながれて、そこから甘い砂糖のお話となる。「思えば植物だって、旅をする」という詩的な一句を起点とし、不意に視界がひろびろと開け、地球がまるごと見えてくる。ぎらぎら照りつける太陽やさえざえと輝く月光のもと、マングローブの筏で大海原をわたるイグアナの不感無覚なまどろみを、SK風メルヘンと名づけよう。

そんなSKさんの旅にふさわしいマルチニックの写真を、ほかならぬマリーズ・コンデの研究者、大辻都さん(世田谷学習センターのフランス語担当講師)に提供していただきました。今回は、砂糖黍の畑と不思議なタンクと蒸留酒の図解を3点セットで。

mar1 mar2 mar3M. Otsuji


5月22日(土)午後 公開ゼミを開催します

於 東京世田谷学習センター(教室は当日掲示)
13h30~15h 「異文化の共存」・・・管啓次郎『斜線の旅』を読む 1
フランスで市民性教育の場となっている「歴史カフェ」「哲学カフェ」などという名の自主ゼミのような活動を思い浮かべています(岩永雅也教授との共著『大人のための〈学問のススメ〉』講談社新書の「前口上」を参照してください)。日本でも、公開講座、市民講座といった活動は、数限りなくありますけれど、大方が、聴衆は、たんなる受け身の「消費者」という位置づけ。参加者がリラックスして、しかも積極的に発言できるような公開ゼミの方式があるでしょうか? いずれにせよ、議論すべき共通の素材を手にすることが先決。初回は、わたしがテクストを朗読しながら、きっかけを探ってみようと思います。
参加資格: 文字通りの「公開ゼミ」です。放送大学に籍をおもちでない方も、お気軽にどうぞ。当日、コピーを配布します。
15h20~16h20 生涯学習、研究計画、論文執筆などに関する公開ゼミ
参加者は、自己紹介をして、自分の関心や学び方の工夫、生涯学習に関する自主的な活動などについて、自由に発言する。プレゼンテーションの機会がほしいという学生さんたちの要望に応えることも目的です。形式にはこだわりませんが、大切なのは教室でのマナー。発言は1人5分以内に。とりあえず出席はするけれど、黙って聴いている「オブザーバー方式」でもかまいません。
16h30~17h30 オフィス・アワー
研究室で、個人指導や小人数の打合せをします。予約のある人を優先。
******
今後の活動:
6月4日(金)19~21h 放送大学×大田区連携講座  大田区消費者センター

3回の講演会「ヨーロッパのことばと文化―ゆたかさを求めて」の初回を担当します。タイトルは「EU・国民国家・そして小説のヒロインたち」 詳しくはこちら

6月18日(金)・25日(金)13h30~15h00 朝日カルチャーセンター新宿 外国語

2回の公開講座です。タイトルは「フランス語で聴くペローの昔話」 チラシはこちら

▲ ページの先頭へ戻る