工藤庸子, 放送大学教授,
eternel imparfait

無題

2011年 3月 16日

被災なさった方々に心からお見舞いを申しあげます。
黙示録的な光景が日常的な居間のテレビに絶えず映しだされる状況に、後ろめたさと浮遊するような感覚をおぼえつつ、時を過ごしております。空々しい話題を提供するよりは絶句したままでいたいと考え、このサイトは1月お休みさせていただきます。なお私自身は特段のトラブルもなく、大学院や学部の指導をつづけております。当面の活動については、ジュンク堂での山田登世子さんとのトークセッションが中止もしくは延期となりました。それでは皆さま、くれぐれもご自愛くださいますよう。

▲ ページの先頭へ戻る